【電話接客スキルアップサイト】振り回されがちな電話オペレーターを卒業する方法

伝わらない・振り回されるあなたを、お客様を動かす冷静沈着なプロのオペレーターに

「商品をお勧めできない…」オペレーターのジレンマを解決!

f:id:setsugu-blogu:20211121175000j:plain

こんにちは!

自分らしく楽しく働く
「デキる電話オペレーター」を作る、

電話接客アドバイザーのまいこです。

 

1、売ることに
罪悪感を感じる

 

今回はアウトバウンド
(こちらから電話をかけるタイプ)の
コールセンターで仕事を
されている方からいただいた
こんなお悩みに答えたいと思います。

----------------------

「健康食品を売る仕事をしています。
その商品が効くか、
正直言って分かりません。

主に高齢のお客様に
電話をかけて売るのですが
すごく申し訳なく
罪悪感を覚えます。


この仕事が合って
いないのでしょうか?」

----------------------

 

f:id:setsugu-blogu:20210721143634j:plain

2、結論

 

誰しも相手に
求められていないもの
押し売りするのは、
気が引けますよね。

実は、
罪悪感を感じることなく
商品をお勧めできて、
さらにお客様にも
喜んでもらえる方法があります。

それは、その商品について
もっともっとよく知る
ことです。

f:id:setsugu-blogu:20210425170833j:plain

3、罪悪感を抱く理由

 

あなたがその商品を売ることに
罪悪感を持つ理由は、
商品の魅力を
知らないから

です。

どんな商品にも、目的があります。

誰かの悩みを解決するためや、
生活をより豊かにするためです。

その商品は、

★どんな効果があるのか?

★どんなお客様の悩みを
 解決できるのか?

★お客様がどのように

 幸せになれるのか?

 

その価値が分からないと、
相手の役に立つか分からず
お金を払ってもらうことに
罪悪感が生まれます。

f:id:setsugu-blogu:20201231140107j:plain

あなたがその商品の魅力を知って、
どんな風にお客様を

幸せにできるかを知れば
罪悪感は無くなるのです。

4、「押し」は勧めたくなる

 

例えばあなたがスイーツの
美味しいお店を見つけたら、

甘いもの好きな友人に
そのお店を紹介するのに
罪悪感はないですよね。

むしろ「教えてあげなきゃ!」
思いますよね。

たとえそのお店が少し遠方にあって
友人が「行くのが面倒」と言っていても、

「絶対美味しいから、
一度は行ってみて!」
自信をもって勧めると思います。

あなたがその店の魅力をよく知っているので
「体験すれば相手にきっと喜んでもらえる」
と自信を持てるからです。

f:id:setsugu-blogu:20211121175618j:plain

電話の販売も、
それと同じです。

その商品の魅力を知って
あなたの『押し』にできれば、
お客様の利益のために
自信を持って勧めることができます

5、お客様は自分が欲しいものを知らない

 

そうは言っても
「興味がなさそうなら勧められない」
と思われるかもしれません。

ですが、
諦めるのは早いです。

f:id:setsugu-blogu:20201017213438j:plain

 

お客様は自分が欲しいものを
意識しながら生活していません。

まだ使ったことがないものや
想像できないものは、
「欲しい」と思っていないのです。

 

例えば既にほとんどの人が使っている
スマートフォンが出たとき
思い出してください。

始めは使い方が難しそうなので、
「私はずっとガラケーでいい」と
言っている人がいませんでしたか?

そんな人も、
一度周りに合わせて使ってみたら、
もう手放せなくなっていると思います。

f:id:setsugu-blogu:20211121193125j:plain

あなたが電話をかけたその瞬間は、
お客様はまだ商品を
「欲しい」とは思っていません。

ここで、
あなたがこの商品の魅力を知っていて、
使えば喜んでもらえると知っていたら、
自信を持って勧めることができます。

商品の魅力を十分に伝えて
それでも「いらない」と言われたら
そのお客様には縁がなかったということ。

そんな時でも、
「次に電話をかけるお客様は、
役に立てるかもしれない」
罪悪感を抱くことなく次に進むことが
できるでしょう。

f:id:setsugu-blogu:20200921100359j:plain

6、まとめ

 

商品を販売するのに罪悪感を抱くのは
商品の魅力をよく知らないからです。

その商品の魅力をもっともっと知って、
あなたの「押し」にすることで
お客様に自信を持って
勧められるように
なります。

 

商品を知って、勉強をして、魅力を探しても
どうしても好きになれないとしたら、
そこはあなたが働きたい職場ではない
かもしれません。

会社にもっと魅力的な商品を作る提案をするか、
他の職場を探しましょう。

f:id:setsugu-blogu:20200826203035j:plain

7,最後に

 

この記事が少しでもためになった方は
「いいね」やコメントを頂ければ嬉しいです♪
すごーく、励みになります!

無料のLINE講座を始めました。
「焦って失敗しがちなオペレーターから
卒業する方法」を配信します。

期間限定でnoteで有料販売中の
「電話接客で使える!神フレーズ100」を
プレゼントしています♪

詳しくはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/fmyj3

f:id:setsugu-blogu:20220225095829p:plain



あなたにおすすめの書籍はこちら♪